SNS活用Webマーケティングコーチング中小企業のSEOブログ

中小企業でも大丈夫!Webマーケティングの失敗例と回避方法

Webマーケティング失敗例と回避方法

お疲れさまです! Web集客コンサルタントの児嶋 宗範(こじまむねのり)です。

長年この仕事をやっていると「このままだとうまくいかないだろうな…」と感じる場面が多々あります。

いわゆる「失敗あるある」ですね。今回は、その一例をご紹介しましょう。

SEOを怠る

SEO

Web集客で成功するためには、SEO(検索エンジン最適化)を実施することが必要です。

SEOを怠ると検索結果の上位に表示されず、訪問者数が伸びない可能性があります。

SEOを実施する方法

SEOを実施するためには適切なキーワードを選定し、それらを含むタイトルや本文を作成することが必要です。

また、メタ情報を適切に設定することや、リンク構造を整えることも重要です。

SEOには専門的な知識が必要となるため、SEOに詳しい専門家の支援を受けることも考えてみましょう。

ターゲット層を明確にせずにキャッチフレーズやコピーを作成する

ターゲット

Web集客で最も重要なのは、ターゲット層を明確にして、それに合わせたキャッチフレーズやコピーを作成することです。

しかし、ターゲット層を明確にしないまま、その場の思いつきでキャッチフレーズやコピーを作成してしまうと「どんな人に向けたものか?」が分からなくなり、結果として誰にもアピールできなくなってしまいます。

ターゲット層を明確にする方法

ターゲット層を明確にするためには、お客さまの属性や行動特性を分析して「どんな人に、どんな価値を提供するか?」を明確にする必要があります。

その上で、そのターゲット層に合わせたキャッチフレーズやコピーを作成していきましょう。

ホームページの使い勝手が悪い

ホームページの使い勝手が悪いと、せっかく訪問されたお客さまが離脱してしまう可能性があります。

例えば、読みにくいフォントや分かりにくいナビゲーション、ページの読み込みが遅いなど、改善の余地がある点を見直しましょう。

ユーザビリティを改善する方法

ユーザビリティを改善するためには、ホームページに訪問されたお客さまの行動を分析し、使いやすくなるように改善する必要があります。

例えばフォントを読みやすくする、ナビゲーションを分かりやすくする、ページ読み込み速度の改善などが挙げられます。

ホームページのデザインやコンテンツが古くなっている

Web集客で成功するためには、ホームページのデザインやコンテンツが現代的で魅力的であることが必要です。

古いデザインやコンテンツは訪問されたお客さまに不快感を与えたり、信頼性を低下させたりする可能性があります。

ホームページのデザインやコンテンツを見直す方法

ホームページのデザインやコンテンツを見直すためには、競合や同業他社のホームページを調べたり、お客さまからのフィードバックを集めることが有効です。

また、Webデザインやコンテンツ作成に関する専門家の意見を聞くことも考えてみましょう。

SNS活用は同時進行で

よくSNS活用に関する質問を受けますが、前述の事柄がきちんとできていなければ、効果は期待できません。

まずはホームページを整えて、次にSNS活用へ、とステップを分けて考えましょう。

中小企業のWebマーケティング成功事例

タイトルとURLをコピーしました